HOME痔と間違えやすい病気 > 尖圭(せんけい)コンジローム

痔と間違えやすい病気

尖圭(せんけい)コンジローム
どんな病気?

ウイルスに接触感染することによって、肛門縁を中心に、小さなイボがたくさんできる病気です。肛門の中にも小さなイボが認められることがあります。

なぜ間違えやすい?

尖圭コンジロームのウイルスの潜伏期間は平均約3ヵ月。初期には自覚症状はありませんが、進行してウイルスが増殖してくると、おしりがジメジメし、違和感やかゆみを感じるようになります。こうした症状のために、痔と間違えやすいのですが、ウイルスによる性行為感染症(STD)の一つなので、早めに専門施設を受診しましょう。

前のページに戻る  
ページTOPへ