HOME痔と間違えやすい病気 > 肛囲毛嚢(もうのう)炎

痔と間違えやすい病気

肛囲毛嚢(もうのう)炎
どんな病気?

肛門周囲の皮膚にできる通常の毛嚢炎です。毛嚢炎とは細菌感染症の一種。肛門にある毛嚢(毛根を包んでいるところ)に炎症が起こり、毛穴の場所が赤くなります。肛門に傷がある場合や清潔な状態ではない場合などに細菌に感染しやすくなって起こります。

なぜ間違えやすい?

肛囲毛嚢炎は、膿を排出し、痛みのある小さなしこり(腫れ)ができることから、膿のトンネルができる痔ろうの症状によく似ています。自然に治る場合もありますが、痛みや腫れがひどいときは病院を受診しましょう。

前のページに戻る  
ページTOPへ