HOME困ったときの応急処置 > 自分でできる対処法

自分でできる対処法

※本ページでとり上げている痔のタイプの症状はあくまで目安であり、応急処置は病院に行くまでの一時的なものです。下記のような症状があった場合は、必ず病院を受診しましょう。また、痛みと出血など、複数の症状が同時に起こっている場合は、より症状の強いほうの対処法を実践しましょう。

突然の痛みの場合

突然の痛みに襲われたときは、すぐに安静にして、からだの力を抜きましょう。痛いとからだを硬直させてしまいがちになり、その結果、肛門に力が入って、ますます痛みが激しくなってしまうからです。

痛みのケア方法 1.まずは安静に

まず、布団などの上で、ひざを軽く曲げた姿勢で横向きに寝ます。全身の力を抜いて、おしりに力を入れないようにするのがコツです。リラックスできたら、しばらくそのままの姿勢で安静にします。

痛みがひどい場合など、これだけでもずいぶんやわらぐことが多いようです。

落ち着いたら「痛みのケア方法2」を実践してみるとよいでしょう。

痛みのケア方法 2.痛みをやわらげる

まず、痛みが痔核(いぼ痔)や裂肛(きれ痔)によるものなのか、肛門周囲膿瘍(のうよう)や痔ろうによるものなのかを確認する必要があります。なぜなら、前者と後者では対処法が異なるからです。

以下の表を参考にして、自分の症状に合ったケア方法を実践し、痛みをやわらげましょう。

ちなみに、激しい痛みを伴う痔核には、嵌頓(かんとん)痔核と血栓性外痔核があります。

症状 考えられる痔のタイプなど ケア方法
痛みに加え、肛門からいぼが脱出、もしくは肛門外側のはれがある 痔核(いぼ痔) おしりを温めて血行を促すと、症状がやわらぐことが多い。シャワーではなくからだに負担の少ない半身浴や、おしりをぬるま湯につけるなどして患部を温めるとよい。なるべくぬるま湯でゆっくり浸かるのがポイント。
お風呂に入れないほど痛みが激しい場合は、温めた濡れタオルを患部に当てるか、下着の上から使い捨てカイロを当てるかするとよい。
排便時の切れるような痛み 裂肛(きれ痔)
肛門の周囲が熱をもって赤くはれあがり、ズキズキと激しく痛む 肛門周囲膿瘍(のうよう)・痔ろう 横になって患部を冷やすようにする。患部が化膿しているときは温めると逆効果。さらに症状が悪化してしまう。
痔ろうは病院でないと治せないため、必ず病院を受診する必要がある。

突然の出血の場合

出血の仕方は、痔の種類や進行度合いによって異なりますが、大腸がんなどの可能性もありますので、応急処置後は必ず病院を受診することが大切です。

出血時のケア方法 出血を抑える

突然の出血の場合、おしりをきれいにしたら、下着が汚れないよう、肛門部にトイレットペーパーやコットンなどを当てて、「突然の痛みの場合」同様の方法でしばらく横になりましょう。

出血の仕方 考えられる痔のタイプなど ケア方法
1. トイレットペーパーに血が付く 裂肛(きれ痔)か内痔核(いぼ痔)の初期が考えられる。痛みがあれば裂肛の場合が多い。 入浴などでおしりをきれいにしたら、下着が汚れないよう、おしりにトイレットペーパーやコットンなどの柔らかい素材を当てて「突然の痛みの場合」のケア方法同様に安静にする。
2. 便器にポタポタ血が落ちる やや進行していぼが大きくなった内痔核(いぼ痔)の場合に多い。
3. 勢いよく出血する さらにいぼが大きくなった内痔核(いぼ痔)が考えられる。
4. 便に黒ずんだ血が混じっている 大腸などからの出血が疑われる。ただし、逆に黒ずんでいないからといって安心してはいけない。鮮血でも大腸からの出血の場合がある。 すぐに病院を受診する。
ページTOPへ

何か出ている場合

肛門から何か出ている場合、一番に考えられるのは内痔核(いぼ痔)です。排便でいきんだときなどに内側にできたいぼが脱出します。通常は痛みを感じません。手で触れても痛くないときは、脱出物を肛門の中に押し戻しましょう。

脱出物の戻し方 無理に押し込まない

排便後に脱出した場合、肛門をきれいにしたら、便器に座ったまま、指で脱出物をゆっくりと肛門の中に押し戻します。そして、押さえながら立ち上がるとスムーズに押し戻すことができます。

戻りにくい場合は、トイレの温水便座機能やお風呂の温水シャワーを使って肛門を温めてから押し戻すと戻りやすくなります。ただし、温水は長時間使用しないように気をつけましょう。

それでも戻らない場合は、無理に押し込もうとせず、病院を受診するようにしましょう。

また、脱出を伴う内痔核と似た別の病気としては、直腸が脱出する直腸脱などがありますので、自分で判断せずに、一度病院を受診するようにしましょう。

かゆみがある場合

便が肛門に付着して炎症を起こし、ジトジトしたかゆみを起こすことがありますし、温水便座で肛門を洗いすぎたことによりカサカサしたかゆみを起こす場合もあります。さらに、脱出した痔核が下着でこすれたり、直腸の粘液などでおしりがべたついてかぶれたりすることによるかゆみもあります。
これらを総称して「肛門そう痒症」といいます。

かゆみのケア方法 清潔に

一言でかゆみといっても、かゆみの種類によってケア方法が若干異なります。以下の表を参考にしてください。ケアが終わったら、綿などの通気性の良い素材でできた下着を着けるようにしましょう。化繊などの下着だとムレてしまいます。また、普段のおしりの拭き方を見直すことも重要です。

かゆみの種類 考えられる原因 ケア方法
カサカサしたかゆみ 温水便座による洗浄で肛門を洗いすぎたことなど。 おしりをていねいに拭く。その後、かゆみ止め軟膏やデリケートなエリア用の軟膏などを塗っておくと良い。また、普段の温水便座の使用方法を改め、洗いすぎには注意する。
ジトジトしたかゆみ 軟らかい便が肛門のシワの中に入り込んで不潔な状態になっていることなど。
そのほか 脱出した痔核が下着でこすれたり、痔核を伝わってくる粘液などでおしりがべたついてかぶれたりすることなど。 排便後におしりをていねいに拭く。なかなか取れない場合は、温水便座の洗浄機能などでおしりを軽く洗う。肛門周囲の水分は、しっかり拭き取る。
ページTOPへ