HOMEおしりに優しい生活習慣 > おしりと食生活

おしりと食生活

おしりに優しい食材

おしりに優しい生活を送るには、何より正しい排便習慣を心がけることが大切です。そして、正しい排便を維持するには、しっかりと食べる、中でも食物繊維を十分とることが必要不可欠です。

現在、成人の1日あたりの食物繊維摂取量は14g前後(H19年 国民健康栄養調査結果より)ですが、理想的な摂取量の目安としては、男性は19g以上、女性は17g以上(いずれも18歳以上)とされています(日本人の食事摂取基準【2010年版】より)。1日20g前後を摂取するよう心がけましょう。

ただし、種類によっては要注意。ゴボウやキノコなど、食物繊維が長いものは固まって肛門に引っかかってしまうことがあるので調理方法に注意しましょう。ちなみに、繊維の細かいものには、とうもろこしやおから、きな粉などがあります。

とはいえ、食物繊維の長短はなかなか判断がつきにくいものですから、食物繊維を多く含む食品は全般的に細かく切って食べるように心がけておくとよいでしょう。

また、食物繊維には、水に溶けない不溶性のものと水に溶ける水溶性のものがあります。バランス良くとりましょう。

不溶性食物繊維

水に溶けないため、便のかさが増す上に、水分を吸収すると膨れ上がる性質があります。
不溶性食物繊維はよくかんで食べるようにしましょう。

食材
  • 大根葉、かぶ葉、ホウレン草などの各種青菜類
  • 大根、れんこんなどの根菜類
  • とうもろこし、おから、きな粉
食材

水溶性食物繊維

水分を抱き込んで便を軟らかくする性質があります。

食材
  • りんご、いちご、いちじく、バナナ
  • イモ類、にんじん、トマト、かぼちゃ
  • こんにゃく
食材

おしりに優しいレシピ

消化のよい、しかも食物繊維が無理なくとれる、おしりに優しい季節ごとのメニューのレシピを紹介します。

ページTOPへ