HOME市販薬の選び方・使い方 > 痔の市販薬の成分

痔の市販薬の成分

配合成分と特徴

痔の市販薬の外箱や添付文書などには、その薬の配合成分が書かれています。
どんな成分がどんな作用をもつのか知っておくと、製品選びの際に大いに役立ちます。以下の表を参考にしてみてください。

痔の市販薬に配合される代表的な成分

下記の成分分類、作用は一例であり、市販薬によっては、同じ成分でも別の作用で記載されていることがあります。

成分分類 作用 代表的な成分名
局所麻酔成分 痔の痛み・かゆみをやわらげる リドカイン、ジブカイン塩酸塩、
アミノ安息香酸エチル
抗炎症成分 炎症を鎮める
【ステロイド】プレドニゾロン酢酸エステル、ヒドロコルチゾン酢酸エステル
【非ステロイド】グリチルレチン酸、 リゾチーム塩酸塩
抗ヒスタミン成分 かゆみを鎮める ジフェンヒドラミン塩酸塩、
クロルフェニラミンマレイン酸塩
血管収縮成分 出血を抑える 塩酸テトラヒドロゾリン、
dl-メチルエフェドリン塩酸塩
殺菌消毒成分 細菌による感染を防ぐ クロルへキシジン塩酸塩、
セチルピリジニウム塩化物水和物
組織修復成分 傷口の治癒を助ける アラントイン、アルミニウム・クロルヒドロキシアラントイネート(アルクロキサ)
ビタミン類 血行の改善・創傷の治癒を促す トコフェロール酢酸エステル
(ビタミンE酢酸エステル)
生薬 炎症を鎮めるなど シコン、
セイヨウトチノキ種子(セイヨウトチノミ)

成分名について

なかには、お持ちの市販薬と上の表では、書かれている成分名が微妙に違っており、「前後の名称が入れ替わっている?」と思うものもあるかもしれません。
これらはたいてい、成分名の表記が変わったためで、成分としては同じものです。
【例】
塩酸〇〇〇⇒〇〇〇塩酸塩
酢酸〇〇〇⇒〇〇〇酢酸エステル

〇〇部分が薬としての本体です。

ページTOPへ

ステロイド配合とステロイド非配合

痔の外用薬には、炎症を抑える作用が比較的強力なステロイドを配合した薬と、作用が比較的穏やかなステロイド非配合の薬の2種類があります。お求めの際には、まず薬局・薬店に自分の症状や体質などを伝え、どの薬がふさわしいか相談のうえ選びましょう。

ステロイド配合…炎症を抑える作用が比較的強力
使用に適した状態
  • 腫れ、出血などの症状の度合いが強い場合
  • 化膿がない場合
注意点
  • 患部が化膿している場合は、ステロイド配合のものは使ってはいけない
    (かえって症状が悪化してしまうおそれがある)
ステロイド非配合…炎症を抑える作用が比較的おだやか
使用に適した状態
  • 腫れ、出血などの症状の度合いが比較的強くない場合
注意点
  • ステロイド非配合の商品によく使われるグリチルレチン酸は、漫然と長期連用するとまれに「顔や手足がむくむ」といった副作用を生じることがある

※市販の外用薬は10日間位、内服薬は1カ月位使用しても症状がよくならないときは、病院を受診しましょう。

どんな種類の薬がある? 痔の外用薬の正しい使い方
ページTOPへ