ステロイドについて

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンを合成したもので、炎症やかゆみを抑える比較的強力な作用があります。

「ステロイドは怖いものなのでは?」と考えている方もいるようですが、これは「作用が強い反面、副作用も強い」と、ばくぜんと捉えられていることが原因のようです。

確かに、長期連用で「皮膚萎縮(皮膚が薄くなり、赤くなる)」などの副作用が現れることもあります。また、化膿している部位へ使用すると、局所での免疫力を抑えることから、症状が悪化してしまうことがあります。

しかし、このような副作用は、誤った使い方をしたときに起こりやすくなるものです。ステロイドは正しく使えば、炎症を抑えるのに優れた効果を発揮します。十分な効果を得るには、添付文書に記載されている用法・用量を守り、効能・効果を正しく理解することが重要です。記載どおりの効果が得られた時点で薬の使用を中止し、効能・効果以外の目的で使用しないようにしましょう。

不安がある場合は、一度薬剤師などに相談してみるとよいでしょう。